So-net無料ブログ作成
今読んでいる本 ブログトップ
前の10件 | -

「浅草鬼嫁日記 四 あやかし夫婦は君の名前をまだ知らない。 (富士見L文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「浅草鬼嫁日記 四 あやかし夫婦は君の名前をまだ知らない。 (富士見L文庫)」を読みました♪

浅草鬼嫁日記 四 あやかし夫婦は君の名前をまだ知らない。 (富士見L文庫)

浅草鬼嫁日記 四 あやかし夫婦は君の名前をまだ知らない。 (富士見L文庫)

  • 作者: 友麻碧
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/03/15
  • メディア: 文庫



浅草に住む女子高生、茨木真紀。
あやかしが見える怪力な彼女は、前世の記憶を持っていた。
平安時代にその名をとどろかせた鬼姫、茨木童子だ。

その夫「酒呑童子」も同じく浅草に人間として生まれ変わっていた。
天酒馨(あまさけかおる)。

前世はあやかし。今世はただの高校生。
2人は今世で幸せになれるのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「真紀の嘘」が明らかになり真紀の過酷な前世と向き合った真紀と薫。
わだかまりが解け、現代でも真実恋人同士となれた。

初の江の島デートに出かけた2人だが、浅草では2つ目の嘘「由理彦の嘘」が明らかになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4巻目は休日に一気読みしました~
ああ、久しぶりの休み万歳(それもういいから)

4巻目は由理彦の嘘でした。
意外な展開。
最後の決着にびっくりです!

あとは薫の嘘?ですよね。
気になる。

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:

「浅草鬼嫁日記 三 あやかし夫婦はもう一度恋をする。(富士見L文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「浅草鬼嫁日記 三 あやかし夫婦はもう一度恋をする。(富士見L文庫)」を読みました♪

浅草鬼嫁日記 三 あやかし夫婦は、もう一度恋をする。 (富士見L文庫)

浅草鬼嫁日記 三 あやかし夫婦は、もう一度恋をする。 (富士見L文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/11/15
  • メディア: Kindle版



浅草に住む女子高生、茨木真紀。
あやかしが見える怪力な彼女は、前世の記憶を持っていた。
平安時代にその名をとどろかせた鬼姫、茨木童子だ。

その夫「酒呑童子」も同じく浅草に人間として生まれ変わっていた。
天酒馨(あまさけかおる)。

前世はあやかし。今世はただの高校生。
2人は今世で幸せになれるのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宿敵・安倍晴明の生まれ変わり叶十夜(かのうとうや)が教師として赴任してきた。
現代でも陰陽局に所属し、真紀たちと同じく前世の記憶を持っていた。

彼は真紀と薫と由理彦の3つの嘘を明らかにしにきた、と言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3巻にして大きく本編が動き出した!

今回は「真紀の嘘」の巻でした!
真紀の嘘は切なくて、前世の大江山の戦いの話も明らかになり、内容が詰まっている巻でした。
読んでいて楽しかった!

最初から幸せそうで楽しそうだった3人組は実は・・っていう展開が面白かったです!
次も読むぞ!
一気読み楽しいな!

nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:

「浅草鬼嫁日記 二 あやかし夫婦は青春を謳歌する。 (富士見L文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「浅草鬼嫁日記 二 あやかし夫婦は青春を謳歌する。 (富士見L文庫)」を読みました♪

浅草鬼嫁日記 二 あやかし夫婦は青春を謳歌する。 (富士見L文庫)

浅草鬼嫁日記 二 あやかし夫婦は青春を謳歌する。 (富士見L文庫)

  • 作者: 友麻碧
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/05/15
  • メディア: 文庫


浅草に住む女子高生、茨木真紀。
あやかしが見える怪力な彼女は、前世の記憶を持っていた。
平安時代にその名をとどろかせた鬼姫、茨木童子だ。

その夫「酒呑童子」も同じく浅草に人間として生まれ変わっていた。
天酒馨(あまさけかおる)。

前世はあやかし。今世はただの高校生。
2人は今世で幸せになれるのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

茨木童子の生まれ変わりであると公になってしまった真紀。
おかげであやかしからも陰陽局からも目をつけられてしまう。

そんな中、季節は学園祭だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学園祭の話面白かったです(笑)
まさか大黒様が(笑)

あと”おもち”がかわいい。

最後の最後にとうとうあの人が出てきて、次も楽しみ~

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:

「まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)」を読みました♪

まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)

まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/09/05
  • メディア: 文庫


まほろ市は東京都南西部最大の街。
駅前で便利屋として働く多田啓介のもとに、高校時代の同級生・行天晴彦が現れた。
友人でもなんでもなかった彼らだが、コンビとしてなぜか便利屋で働くことに。
多田の日常が変化していく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多田便利軒3年目。

1巻で1年ずつっていうのが面白いです。
じわじわ変化していっている人間関係にほっこりする。

最終巻ってだけあってもう詰まりまくっていたけど、あの終わりに心底ほっとしました。
最後の最後まで面白い!
もう多田にも行天にもほかのキャラにも愛着がわいていて、すっかり世界にはまり込んでしましました。
文章もまた面白いんですよね。

ああ、なんて面白いシリーズなんだろう。

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:

「浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。 (富士見L文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。 (富士見L文庫)」を読みました♪


浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。 (富士見L文庫)

浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。 (富士見L文庫)

  • 作者: 友麻碧
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/11/15
  • メディア: 文庫


浅草に住む女子高生、茨木真紀。
あやかしが見える怪力な彼女は、前世の記憶を持っていた。
平安時代にその名をとどろかせた鬼姫、茨木童子だ。

その夫「酒呑童子」も同じく浅草に人間として生まれ変わっていた。
天酒馨(あまさけかおる)。

前世はあやかし。今世はただの高校生。
2人は今世で幸せになれるのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「かくりよの宿飯」シリーズの作者さんの本で、このシリーズも気になり読み始めました。
ちらっとかくりよの宿飯の大旦那様が出てきたよ(笑)本当にちらっと。向こうを読んでないと誰だかわかんないね(笑)

1巻目は世界観と人物紹介って感じ。これからどうなるんだろう?!って感じでした。
真紀と馨は強いきずなで結ばれていて、なんかもう完成されている感じ(笑)
これからどう展開していくんでしょう。


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:

「星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫)」を読みました♪


星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫)

星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2014/03/12
  • メディア: 文庫


川田幸代29歳は社史編纂室勤務。
姿が見えない幽霊部長、マイペースで仕事ができない本間課長、ダイナマイトボディの後輩みっこちゃん、合コンに忙しい矢田がそ先輩がメンバー。
ゆるゆるの職場でそれなりに働き、幸代は仲間と同人誌製作・販売する毎日だった。
だが、社史編纂にあたり「高度経済成長期の穴」に気づいた幸代たち。
会社の闇部分に足を踏み入れてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

舟を編むのような、じっくり日常が描かれると思いきや、ミステリーのような展開になって意外でした。
でも幸代のプライベートも仕事も、面白くてついつい先へ先へと読み進めちゃいました。
いや~文章が面白くて読みやすいんだろうな~

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

「まほろ駅前番外地 (文春文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「まほろ駅前番外地 (文春文庫)」を読みました♪


まほろ駅前番外地 (文春文庫)

まほろ駅前番外地 (文春文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/10/10
  • メディア: 文庫



まほろ市は東京都南西部最大の街。
駅前で便利屋として働く多田啓介のもとに、高校時代の同級生・行天晴彦が現れた。
友人でもなんでもなかった彼らだが、コンビとしてなぜか便利屋で働くことに。
多田の日常が変化していく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1巻目で1年間。
この2巻目でそのまた次の1年間が描かれているようです。

とはいえいろんなおなじみのキャラからの視点の短編集のような構成になっていて、もうすっごく面白かったです!!
こういう2巻目って1巻目より面白くなさそうなイメージがありましたが(暴言)1巻目より私は面白かったです。
もちろん1巻目の土台があってこそですけど!

いや~このシリーズ面白い♪

nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:

「まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)」を読みました♪


まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/01/09
  • メディア: 文庫



まほろ市は東京都南西部最大の街。
駅前で便利屋として働く多田啓介のもとに、高校時代の同級生・行天晴彦が現れた。
友人でもなんでもなかった彼らだが、コンビとしてなぜか便利屋で働くことに。
多田の日常が変化していく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ず~っと気になっていた本を借りたので読むことができました~!
面白かった~
この憎めないキャラたちの人間臭さあふれる、ちょっとあったかい生活が、面白いです。
続きも読もう~

nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:

「野生の聖女は料理がしたい! 1 (ヒーロー文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「野生の聖女は料理がしたい! 1 (ヒーロー文庫)」を読みました♪


野生の聖女は料理がしたい!  1 (ヒーロー文庫)

野生の聖女は料理がしたい! 1 (ヒーロー文庫)

  • 作者: 枝豆 ずんだ
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2019/02/28
  • メディア: 文庫


料理人を目指した彼女は自分の店を持つために厳しい修行に耐え、ホステスをしてお金を貯め、ようやく夢をかなえることができた。
自分の店をようやく開店できる、その直前に、通り魔に襲われて命を落としてしまう。
次に目が覚めた時、銀髪の10歳の少女だった。
ファンタジーな世界に転生した彼女は前世の記憶を取り戻し、料理への情熱を取り戻す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

え~異世界シリーズですね!
なんか本屋でおすすめになっていたのできになって買ってしまいました。
異世界+料理の組み合わせがどうしても好きらしい私は(笑)

序盤はヒロインのハイテンションの「人類万歳!」のあたりの文章が鼻についたりしたんですが、
ストーリーと世界観がちゃんとつくられていて予想もできないし、
ヒロインの「ジビョウのホッサ(笑)」にも慣れてきて、この発作のためのための序盤の振りなら仕方ないかと思いました(笑)

2巻も読もう~♪

nice!(17)  コメント(0) 

「エロマンガ先生(11) 妹たちのパジャマパーティ (電撃文庫)」を読みました! [今読んでいる本]

「エロマンガ先生(11) 妹たちのパジャマパーティ (電撃文庫)」を読みました!

エロマンガ先生(11) 妹たちのパジャマパーティ (電撃文庫)

エロマンガ先生(11) 妹たちのパジャマパーティ (電撃文庫)

  • 作者: 伏見 つかさ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/01/10
  • メディア: 文庫



大好きなラノベ「俺の妹がこんなにかわいいわけがない」の伏見つかさ先生の新シリーズということで読み始めた今作。
相変わらずの面白い文章とストーリーで、はまっています[るんるん]
題名が非常に、買いにくい話ですけどね!!(-_-;)

高校生にしてラノベ作家の和泉正宗(兄)。
血のつがらない妹、和泉狭霧は、現在引きこもり中。
2人で暮らしている。(なんかわけがあるらしい)

ずっと接点なく過ごしてきた兄妹だが、自分の作品の絵を描いてくれているイラストレーターさん「エロマンガ先生」が妹であると判明した。

長年の相棒が、お互いに兄妹だと判明したことをきっかけに、
時々あくようになった妹の扉。会話もでてきた。

初めて出会ったとき狭霧に一目ぼれしていたと気付いた正宗は、告白するも振られるが(笑)、兄妹としていい方向に状況を改善したいと思っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恋人同士で婚約者となった正宗と狭霧。

エルフの正宗への猛アタックで狭霧を怒らせてしまった。
仲直りするも狭霧は悩みを抱えてしまい・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回まさかの桐乃の登場!!!
私が大好きな大好きな前作のキャラ登場ですよ!

なんか全体的にゆっくり進んでいるようで、でも話が盛り込まれていて面白い。
いろんなキャラの日常が同時進行していて、それを読んでいるうちに1巻が終わってしまうという。もっともっと読みたいです!

エルフちゃん邪魔(笑)
正宗と狭霧が早く幸せになるといい。

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 今読んでいる本 ブログトップ