So-net無料ブログ作成
検索選択
今読んでいる本 ブログトップ
前の10件 | -

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8 (GA文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8 (GA文庫)」を読みました♪

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8 (GA文庫)

  • 作者: 大森 藤ノ
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: 文庫


迷宮都市オラリオ。巨大な地下迷宮「ダンジョン」を保有する巨大都市。
そこは神と冒険者がダンジョン攻略を目指す場所。

ベルは唯一の肉親である祖父をなくし、祖父の言った言葉をかなえるためにオラリオにやってきた。
そこで出会ったのは女神ヘスティア。
主神ヘスティアとベルの2人しかいない弱小な「ヘスティア・ファミリア」に加入。
ヘスティアの加護を経てLv.1からダンジョン攻略を開始する!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

迷宮都市オラリオにラキア王国が軍隊を引き連れ攻めてきた。
軍神アレスが興した国で非常に好戦的な国だ。
戦争が始まってしまった。

オラリオの冒険者たちは・・・・なんら動じていなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛するダンジョンRPG世界観第8巻です!

息抜きの巻です!!!!
戦争なんてまた暗くなるんだろうか・・とか心配していましたが、全然そんなことはありませんでした(笑)
なんら動じないオラリオの面々が冒険者らしくて笑えます。
戦争終結のアレスも笑えるし。てか気まぐれで戦争させられるってのがまた神らしい話。

戦争終結までの話を短編のオムニバス方式で描かれていて、とっても楽しめました!
短編の主役はベル以外のキャラクターで面白かったです。

私は命とリリのが笑えて好きだったかな。
命のは単純にすごく笑えて(笑)、リリのも笑えてかわいくて好きなんですが、一番好きなのはとうとうベルのスキルが仲間に明るみになったとこかな。

あとヘスティアとアイズってどっちがヒロインなんだろうと思った。どっちだろ?
あ、あとシルの話で「?」ってなった。わからなくて読み返してみたけどわかんなかった。あの子何者?
nice!(20)  コメント(0) 

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)」を読みました♪

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

  • 作者: 大森 藤ノ
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2015/04/14
  • メディア: 文庫


迷宮都市オラリオ。巨大な地下迷宮「ダンジョン」を保有する巨大都市。
そこは神と冒険者がダンジョン攻略を目指す場所。

ベルは唯一の肉親である祖父をなくし、祖父の言った言葉をかなえるためにオラリオにやってきた。
そこで出会ったのは女神ヘスティア。
主神ヘスティアとベルの2人しかいない弱小な「ヘスティア・ファミリア」に加入。
ヘスティアの加護を経てLv.1からダンジョン攻略を開始する!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アポロン・ファミリアとの戦いを制し、ヘスティア・ファミリアはメンバーも増え、一躍有名になった。
ベルもLv.3に到達し、ファミリアにも加入希望者が殺到。

とうとうヘスティア・ファミリアも上位ファミリアへの道を歩むかと思いきや、面接の最中にヘスティアの多額の借金が明らかになる。笑。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛するダンジョンRPG世界観第7巻です!

前巻の戦いで盛り上がってテンションも上がった状態だったのですが、まさか次の話がこんなかんじだとは!
娼館などの今まで出てこなかった世界の闇の話で、前の話とは違った緊迫感がある話でした。

ベルが主役というよりも、フレイヤとイシュタルのガチバトルが一番盛り上がりました。
ベルを助けてくれましたが、それでもフレイヤファミリアいややわ~(笑)
美の神に心酔している眷属が怖い(笑)

でも、春姫が救われえよかった♪♪あとあと、意外な形でメンバーがそろったヘスティア・ファミリアの話も読んでてだんぜん楽しくなったかも♪
nice!(16)  コメント(0) 

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6 (GA文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6 (GA文庫)」を読みました♪


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6 小冊子付き限定版 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6 小冊子付き限定版 (GA文庫)

  • 作者: 大森 藤ノ
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2014/11/14
  • メディア: 文庫


迷宮都市オラリオ。巨大な地下迷宮「ダンジョン」を保有する巨大都市。
そこは神と冒険者がダンジョン攻略を目指す場所。

ベルは唯一の肉親である祖父をなくし、祖父の言った言葉をかなえるためにオラリオにやってきた。
そこで出会ったのは女神ヘスティア。
主神ヘスティアとベルの2人しかいない弱小な「ヘスティア・ファミリア」に加入。
ヘスティアの加護を経てLv.1からダンジョン攻略を開始する!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての中層ですごい活躍をしたベル。
その影響で好奇心旺盛な神や冒険者たちに、いい意味でも悪い意味でも注目を浴びはじめた。

そんな中酒場でほかのファミリアのメンバーに因縁をつけられ、トラブルに発展した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛するダンジョンRPG世界観第6巻です!

前巻の面白さでこれからどうなるんだろうって思っていたんですが、今度は人間同士の争いに!!ダンジョン関係ない!
でも引き込まれてしまいました!

神って!!(笑)
というかこんな形でヘスティア・ファミリアのメンバーが増えるとは!
目が離せないとはまさにこのこと。
というか、もうほんと、5.6巻と休みの日に一日で読んでしまった・・・
だって、先が気になるんだもの・・・・!
nice!(22)  コメント(0) 

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか5 (GA文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか5 (GA文庫)」を読みました♪


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか5 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか5 (GA文庫)

  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2014/05/13
  • メディア: Kindle版


迷宮都市オラリオ。巨大な地下迷宮「ダンジョン」を保有する巨大都市。
そこは神と冒険者がダンジョン攻略を目指す場所。

ベルは唯一の肉親である祖父をなくし、祖父の言った言葉をかなえるためにオラリオにやってきた。
そこで出会ったのは女神ヘスティア。
主神ヘスティアとベルの2人しかいない弱小な「ヘスティア・ファミリア」に加入。
ヘスティアの加護を経てLv.1からダンジョン攻略を開始する!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めて到達した中層で、「怪物進呈(パス・パレード)」をされ一気に窮地に陥ったベルとヴェルフとリリ。

オラリオでは帰ってこないベルたちを心配してヘスティアが動き出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛するダンジョンRPG世界観第5巻です!

いやいやあなんなところで終わってそりゃもう5巻読むでしょう!という勢いで読み始めたら、
5巻の面白さにさらに止まらなくなっちゃいました!

階層主とか、怪物進呈とか、ダンジョンの中の緊迫した話に本当に目が離せなくなりました。
神の存在に反応するダンジョンとか、ダンジョンの謎も気になる。
一回安心したところで、まさかの次の危機。
なんていうか、見どころばっかりの巻でどこがいいとか言いきれない!
ほんっとうに盛り上がりました!!!この巻!!!

nice!(21)  コメント(0) 

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4 (GA文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4 (GA文庫)」を読みました♪




迷宮都市オラリオ。巨大な地下迷宮「ダンジョン」を保有する巨大都市。
そこは神と冒険者がダンジョン攻略を目指す場所。

ベルは唯一の肉親である祖父をなくし、祖父の言った言葉をかなえるためにオラリオにやってきた。
そこで出会ったのは女神ヘスティア。
主神ヘスティアとベルの2人しかいない弱小な「ヘスティア・ファミリア」に加入。
ヘスティアの加護を経てLv.1からダンジョン攻略を開始する!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Lv.2に世界最速で到達したベル。一躍オラリオでも有名人になった。
とうとう中層進出を目指すが、
そのためには装備新調やパーティメンバーを増やす必要がある、ということになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛するダンジョンRPG世界観第4巻です!

新しいメンバーとかってどんなのよ!!あんま増えるのも嫌だな~とか思っちゃっいましたが、まさかの鍛冶屋ときた!!
しかもぽっと出の話になるのかと思いきや、ヴェルフのパーティ参加理由もすんなり納得できるし、もうますます夢中になってしまいました[ハートたち(複数ハート)]

ですよねですよね!
レベルがあがっただけではダンジョン攻略は無理ですよね!!装備新調、パーティ増やす、しなきゃですよね!!
ほんとゲーム好きの私の心をうずかせてくれる展開です!
しかもそれがちゃんと小説になってんだからたまらないですよ~[ハートたち(複数ハート)]

私今、すごいスピードで本読んでますよ(笑)
平日の夜とかも家事以外本読んでますもん(笑)

ていうかいいところで短編はいるとか、だまされたわーーーーーーーー[exclamation×2]
nice!(26)  コメント(0) 

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 (GA文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 (GA文庫)」を読みました♪


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 (GA文庫)

  • 作者: 大森 藤ノ
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2013/05/14
  • メディア: 文庫


迷宮都市オラリオ。巨大な地下迷宮「ダンジョン」を保有する巨大都市。
そこは神と冒険者がダンジョン攻略を目指す場所。

ベルは唯一の肉親である祖父をなくし、祖父の言った言葉をかなえるためにオラリオにやってきた。
そこで出会ったのは女神ヘスティア。
主神ヘスティアとベルの2人しかいない弱小な「ヘスティア・ファミリア」に加入。
ヘスティアの加護を経てLv.1からダンジョン攻略を開始する!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サポーターのリリと本当に仲間になった。
ソーマファミリアとの因縁のせいで所属は違うままだが、信頼しあえるパーティーになった。
ベルはさらに下層へともぐれるようになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛するダンジョンRPG世界観第3巻です!
リリのことが気になり3巻を読み始めましたよ!

あとがきを読んでわかったのですが、「第1部完」ということで、因縁のミノタウロスとの決着や、ロキ・ファミリアの連中に認めさせたりとか、
いろいろ面白かったです!!
フレイヤむかつく!!(笑)
神の気まぐれ要素ってのが本当に話を面白くしてますよね~フレイヤやソーマは腹立つが(笑)

アイズたんとの修行でも経験値が積まれるっていう細かい設定が、ゲーム好きの心を躍らせます(笑)
nice!(19)  コメント(0) 

アニメうつんないんですけどね・・・ [今読んでいる本]

「異世界食堂 4 (ヒーロー文庫)」を読みました!

異世界食堂 4 (ヒーロー文庫)

異世界食堂 4 (ヒーロー文庫)

  • 作者: 犬塚 惇平
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2017/06/30
  • メディア: 文庫



県内では一番栄えているオフィス街に近い商店街の一角。
黒い扉に猫の絵が描かれた食堂「洋食のねこや」

高くても1000円。パンやごはんやスープはお代わり自由。
何より味が絶品。
サラリーマンやOL、貧乏学生など、平日は戦争のような忙しさだ。

定休日は土日の2日間。
だが、ねこやは「土曜日」にも特別営業をしている。
こちらの世界では定休日だが、「あちらの世界」で営業をしているのだ。

お客さんは、人間、エルフ、魔族、魔術師、リザードマン、ドワーフ・・・・・
彼らからねこやは「異世界食堂」と呼ばれている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4巻待ってました~♪
喜んで買ったらオビに今シーズンアニメ化の文字が!!
うわ~い♪と思ったら、うち見れないわ・・うつんないわ・・・へぇ・・・

あ~あ~あ~テンションだだ下がりです。
楽しみにしていたのに・・・

でも、今回も相変わらずの世界観で楽しめましたよ~
どんだけの料理用意できんねん!!という突っ込みはまあだいぶ前からありますが、
キャラが増えるために必要なのですね(笑)

そろそろキャラ相関図がほしかったり・・・(笑)

nice!(18)  コメント(0) 

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2 (GA文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2 (GA文庫)」を読みました♪


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2 (GA文庫)

  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2013/02/13
  • メディア: Kindle版


迷宮都市オラリオ。巨大な地下迷宮「ダンジョン」を保有する巨大都市。
そこは神と冒険者がダンジョン攻略を目指す場所。

ベルは唯一の肉親である祖父をなくし、祖父の言った言葉をかなえるためにオラリオにやってきた。
そこで出会ったのは女神ヘスティア。
主神ヘスティアとベルの2人しかいない弱小な「ヘスティア・ファミリア」に加入。
ヘスティアの加護を経てLv.1からダンジョン攻略を開始する!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベルは発生したスキルのおかげですさまじいスピードで成長していた。
ヘスティアはそんなベルのために、体を張って土下座をしまくり神友ヘファイストスにベルの武器を作ってもらう。

順調なベルに、ある日サポーターの少女リリが声をかけてきた。
サポーターとは、消費アイテムやドロップアイテムを持ち冒険者を手助けして一緒にダンジョンにもぐる職業だった。
彼女は主神ソーマの「ソーマ・ファミリア」所属だった。悪いうわさがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛するダンジョンRPG世界観第2巻です!
この巻も「サポーター」とか出てきてテンション上がりました!!そうですよね、深く潜れば潜るほど、回復アイテムは必要だしドロップアイテムも回収しなきゃいけないし!!
まさにダンジョンRPGって感じでテンション上がりまくりです!
あ~冒険読むのすごい楽しい~♪♪

とはいえ神たちも癖があって(神だから癖が強いんだろうけど・・・)それにまつわって話が面白くなっているのはさすがだなって感じです。

ちなみに私はフレイアもソーマも好きではありません(笑)
でも自分の欲望に正直に人間を巻き込むってところが神らしくて面白いですね!

nice!(17)  コメント(0) 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)を読みました♪ [今読んでいる本]

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)」


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2013/01/11
  • メディア: Kindle版


迷宮都市オラリオ。巨大な地下迷宮「ダンジョン」を保有する巨大都市。
そこは神と冒険者がダンジョン攻略を目指す場所。

ベルは唯一の肉親である祖父をなくし、祖父の言った言葉をかなえるためにオラリオにやってきた。
そこで出会ったのは女神ヘスティア。
主神ヘスティアとベルの2人しかいない弱小な「ヘスティア・ファミリア」に加入。
ヘスティアの加護を経てLv.1からダンジョン攻略を開始する!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんということでしょう!!
これは私の大好きな「ダンジョンRPG」ですよ!
経験値、スキル、レベル、ダンジョン攻略、まさにゲームの世界をうまく違和感なく物語として読ませるというなんともすごい話でした!

ベルの成長を見るのも楽しいけれど、まさに「世界樹の迷宮」のようなダンジョンとその世界観を生きるキャラたちの背景が面白すぎる!
戦闘とか装備とか、モンスターたちとか、すべて頭で想像できるんです!
ほんとゲームの世界を物語の文章として感じ取れるなんて、楽しすぎて読むのが止まりませんでした!

いや~神の箱庭とか、レベルや経験値の概念を、うまく組み込んでるんですね~
ダンジョンRPGやりたくなった。マジで。
nice!(24)  コメント(0) 

「妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (講談社文庫)」を読みました♪ [今読んでいる本]

「妖怪アパートの幽雅な日常 10 (講談社文庫)」を読みました[かわいい][かわいい]


妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (講談社文庫)

妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (講談社文庫)

  • 作者: 香月 日輪
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/05/16
  • メディア: 文庫


稲葉夕士はもうすぐ高校生。
突然、交通事故で両親を亡くし叔父の家で暮らしていた。
将来への不安とせまる現実と戦うために神経を張りつめている夕士。
叔父家族ともしっくりいかず、友達と無邪気に遊ぶこともできず、孤独だった。

腹を割って話せる親友・長谷とも高校で離れ離れになることから、ますます孤独を感じる夕士。
だが、高校の寮に入って、やっと叔父の家から出れることが夕士の唯一の希望だった。

その寮が火事になり、入寮が半年伸びた。
もう一刻も叔父の家で我慢できない夕士。

そんな時、不思議な不動産屋を見つけ入った先で、破格のいい物件を見つける。

おいしい賄付き。
なんと風呂は温泉。
家賃は激安。

背に腹は代えられないとそこに住み始めた夕士・・・
だがそこは、妖怪アパートだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕士は19歳。
10巻で完結後のその後を描いた外伝です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

外伝読みました!
久しぶりに出会ったキャラ達。もう1回本編を読み直したくなりました。

しかしまあ、こう現実離れしたすごい人たちの集まりって感じの話で、あんま感動・・とかじゃなかったかも(^^;)
夕士もすごい才能をもった子だったようで、地道な普通な人たちがまわりにもいないので、へ~は~そうなの~って感じで読みました(笑)

アニメ化、楽しみですね!
nice!(21)  コメント(0) 
前の10件 | - 今読んでいる本 ブログトップ