So-net無料ブログ作成
検索選択

「村上海賊の娘(新潮文庫)」を読みました! [今読んでいる本]

「村上海賊の娘(新潮文庫)」を読みました!


村上海賊の娘 全4巻セット (新潮文庫)

村上海賊の娘 全4巻セット (新潮文庫)

  • 作者: 和田竜
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫



天正四年。織田信長は大阪本願寺を攻め立てていた。
海路から兵糧を運び込むよう要請をうけた毛利家は、兵糧の警護を最強の海賊軍:村上海賊に援助を請う。

村上海賊のうち、最強と名高い能島村上の当主・村上武吉の娘、景(きょう)は嫁入りを夢見ながらも戦にあこがれる20歳。
あるきっかけで門徒たちを大阪本願寺まで届けることになり、戦に巻き込まれる。
そこで見たものは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんということでしょう!!
こんなに面白い話がある?
面白くて読むのをやめられず一気に全4巻(文庫)を読み切ってしまいました。
1巻ずつ読んで記事に書こうと思っていましたが、そんな時間は惜しい(笑)それに4巻に分かれてはいますが、1つの切れ目ないストーリーだから、途中で感想は書けませんでした。
通勤時間とぎりぎりの寝る時間まで、平日と戦いながら読みました(笑)

いろいろ言いたいようで何を言えばよくわからないのですが、とりあえず面白かったとしか言えません!!
いろんな人がいろんなストーリーが詰まっているんです!!

戦国時代は生き辛そうだし、海賊も実際にいたら最悪だし、でもこの話を読むと、ちょっとその時代を味わってみたいと思うから不思議(笑)

実写映画化とか狙われてそうだが、この壮大なものはきっと作れないだろうね。

nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ: