So-net無料ブログ作成
検索選択

「傭兵団の料理番 1 (ヒーロー文庫)」を読みました。 [今読んでいる本]

「傭兵団の料理番 1 (ヒーロー文庫)」を読みました。


傭兵団の料理番 1 (ヒーロー文庫)

傭兵団の料理番 1 (ヒーロー文庫)

  • 作者: 川井 昂
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2016/10/31
  • メディア: 文庫



東朱里は料理人を目指す20歳の青年。

高校を無事卒業し、修行のために新幹線に乗り込んだとき・・・突然足を踏み外した。
長い時間落ちた先は・・異世界だった。

朱里を助けてくれたのは戦争中真っ只中の世界で、まさに戦争中のある傭兵団だった。
帰る方法もわからない朱里にできることは、料理だけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朱里の性格も面白くて好きだし、設定も面白いと思うんだけど、
異世界の人たちの技術が稚拙に描かれすぎているな~って気がした。
魔法技術とか剣術技術とか、異世界なりの歴史でエキスパートとかいてもおかしくないのに、朱里の与えた知識ですっごい進化した!みたいなのはちょっと違和感を覚えたところでしょうか。

あと同じエピソードを朱里側と、傭兵団側の視点で読むんですけど、新しいエピソードを追加されているとはいえ、2回同じ話を読んでいる気がしてちょっとだれたかな~それを毎話繰り返しだもんな。

私は朱里視点のほうが好き。
朱里が面白いからね♪

nice!(23)  コメント(0) 

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。